Entry: main  << >>
GACKT 眠狂四郎無頼控 東京公演
GACKT 眠狂四郎無頼控

17日に日生劇場へ、『眠狂四郎無頼控』を観に行って来ました。
写真はお土産。コタツテーブルにぎっしり。
開場時間ちょい過ぎに行って、チケット切ったあとに物販に並んで20分くらい(だったかな)で買えました。
劇場先行発売のSUGIZOさんのサントラと、特典のポスター(非売品)、
B4版のパンフレット!(A4が入るバッグで行ったのに入らなくってびっくり(笑))
A4クリアファイルとポストカード。
グッズはライブ並みにあります(笑)でも、まだ入荷されてないものもたくさん。
パンフレットの中以外、全部GACKTと眠りの紋のデザインのもの・・・いいの?(^^;)
いいのか。いやはや、絵になる男GACKT。

普段あまり買わないポストカードやクリアファイルまで買ってしまいましたよ。
着物大好きですから!それをGACKTが着てるとなればもう買うっきゃない(笑)
なんとまあ、お美しいお姿。
マッチョなのに着物着ると細く見えるのが不思議ですねえ。舞台でも美しく着こなしてました。
一幕の縦流水に月の輪郭のようなぼかしが入った着物が凄く綺麗でした。
無双正宗もめちゃくちゃカッコよかった。

舞台を観に行くのは実ははじめてでしたが(テレビで夜中にやってるようなのはちょっと見たことありますが)
だいぶ思っていたのとはイメージが違いました。
えーっと、「歌わないVISUALAIVE」と言えばDEARS(ファン)には解り易いかも。
逆に舞台を見慣れている人には違和感はあるかもしれませんね。
回想シーン等、映像を使ってますし、ライブ映像もあり、背景や演出にLEDスクリーンの使用もあり。
「舞台はこういうもの」という保守的な方はもしかしたら「え〜?」っと思うかも。
私は舞台に対する既成概念無いし、昔の眠りの舞台も映像関係も全く観てないのですんなり楽しめました。

席は1階のM-2。真ん中よりちょっと後くらいの列の、下手一番はじっこでした。
鈴の音を合図に劇がはじまります。
昼の部は12:30〜1:55に第一幕。20分休憩をはさんで2:15〜3:15頃が第二幕でした。
流石に舞台は押さないようです(ライブは結構押す)

はい、このあたりからネタバレありますよ〜。








お話は時代劇の王道。時代劇初心者にも解り易い内容です。
あ〜専門用語はちょっと知らないとわからないかも?「抜け荷」とか「黒ミサ」とか。
まあ、でも文脈でわかるかな。
狂四郎自身はどっしり構えて、見せ場は殺陣。
なので、お話は違う人が転がします。
シリーズものの初回スペシャルと言ったところでしょうか。

TAYAさんの出番が多くて(GACKTより多いかも?)大活躍!いや、上手いですよ!
ダンサーさんなのでどうかと思いましたが、プロフィール見たら劇団にいらしたこともあるそうで。
ああ、もう金八はTAYAさんしかないわ。イメージぴったり!(原作、まだちょっとしか読んでませんが)
談亭(古本新之輔さん)と文字若(南野陽子さん)とのコンビネーションも楽しい。
コミカルなシーンは演劇の醍醐味でしょうか。
シリアスなシーンももちろん良かったですけど。
武部仙十郎(田中健さん)はおとーさんみたいに・・・なんでしょうねえ?愛?人徳?そんな空気感。
石動一馬(徳山秀典さん)は一途な若さが出ていてぴったりでしたねえ。
美保代(杏さゆりさん)は所作が綺麗でした。
三雲迅雷(嶋田久作さん)は悪役ぴったり。迅雷の剣が凄いほど、狂四郎の剣も生きてきますね。
悪巧み二人組の堤大二郎さんと横内正さんは・・・悪よのう・・・(笑)
衣装がまー金持ってるぞ〜って感じできらきらでしたが上品でした。不思議〜。

ベテランさんががっしり脇を固めて、若い人たちは若さできらきらしていて、
そこに黒の着流し姿のGACKTが綺麗にすっとハマってましたねえ。
どっから見ても美しい。まさに、希有な存在感。

殺陣は圧巻!GACKTかっこいい〜〜〜!ばっさばっさと切り倒し!
もちろん、切られ役の人たちが上手いからかっこよく決まるんでしょうねえ。
結構時間も長かったような。時代劇の醍醐味、堪能いたしました。


あ〜そろそろもっとネタバレしそうなので、続きは隠しましょうか。
あとちょっと辛口コメントも。そういうの、見たくない人は読んじゃダメ。
よろしいか〜?







回想シーンの映像、ちょっとモノローグわかりづらいです。
というか、あれ、本編に必要?
うーん。眠狂四郎を語るには必要かなあ・・・2回も要る?

LEDの太鼓橋のシーンと、柳と、全編に渡って出ている月。
美しくないですよ?
3Dがちょっと安っぽい感じ。あれなら実写で素材撮りした方がいいのでは?
柳、ちゃち過ぎ。
月が美しくないのは何故?月なんて綺麗な写真いくらでもあるじゃん!
なんでアレ?
ポスターとかパンフの月は綺麗なのに残念。
結構、台無しでしたよ?月。もっと美しく幻想的にして欲しい。
眠狂四郎の心情とか、孤独感とか、キーワードの「虚無」とか、
月の冷たい美しさでもっと引き立つはずなのに・・・残念。

彩乃はもっとがんばらないといかんですよ。滑舌と演技力。
出番もセリフも多いのがちょっと・・・。
ああ、でも、キャラは合ってる!だからがんばって欲しい。ほんとに。見てるとドキドキするの(^^;)

GACKTのライブ映像(顔の大写し)は映像が汚い。解像度が低い??
なぜ?もっと綺麗な映像にできないのかなあ。
綺麗なお顔が綺麗に見せきれてないです。
私は次回はオペラグラス借りて、本人のお顔を見ようと思いましたわ。ライブ映像でなく。

刀を振るう時のキラキラ効果演出。
横から見るとシンクロしません。離れ過ぎてて。
キラキラ使う時はGACKTは階段の上にいてください。
円月殺法のシーンは階段の上での演技でしたので、綺麗にシンクロして見えました。
あのシーンは綺麗だった・・・けど、舞台前方にいる時はちょっと・・・あらあらって感じ(^^;)

それと(まだあるんか(^^;))、暗転多過ぎ。
集中が途切れる。
いくら暗くしてても死んだ人が起き上がって掃けるのが見えちゃう。
GACKTは悠々と歩いてましたけど。この人、小走りにならないんだな〜と。さすがと言うか(笑)
死んだ人と言えば、3人お亡くなりになったシーンで暗転前に掃けようと動き出した人が・・・気をつけましょうね(シリアスなとこなのにお笑いになってしまいますよ)
暗転するなら、眠狂四郎と美保代が二人で歩いて下手に行ってから上手に行くシーンみたいに
内幕下ろして、幕前で誰かが繋ぎの演技するとかした方がいいんじゃないでしょうか。

・・・なんか文句多いな(^^;)
なんでしょうね。ファンになってまだ1年ですが、どっぷりハマって・・・ハマり過ぎて・・・何と言うか、ちょっと身内目線になってるかも?
「みんな、もっとこうできるでしょ!」みたいな(^^;)
あああ、スミマセンスミマセン(^^;)


はじめてGACKTといっしょに仕事する人たち、大変だろうなあ。
「舞台の常識?かんけー無いよ。僕はより良いものを届けたいだけ」って言うスタンスに戸惑うんじゃないかな。
今回も毎回演技やセリフや演出に変更があるみたいだし。
ふつーの舞台ではそこまでやらないんじゃないかなあ。
でも、それ、GACKTには当然のことなので(^^;)
アップデート。もしくは進化と言っています。

そう言えば一昨日くらいにやってた「相棒」の再放送、
セリフをばんばん変えちゃう舞台女優にキレて、脚本家が殺しに行く話だったなあ。そして返り討ちに。
まあ・・・あれはドラマの話ですが、なんとなく連想しちゃった(笑)

話が逸れましたが・・・。
こんだけいろいろ言いつつも舞台は全体的には良かったです。
行って良かった!!
あーでも、良かったのに友達に「観に行きなよ〜」って言えない。
だって!チケットが!高過ぎ!(^^;)
GACKTや共演者のファン以外は、値段で躊躇するんじゃないかなあ。高いですよ?
一番安い席で1万円。うーん。
これでは結局は身内(もともとのファン)しか来ないんじゃないかと、ちょっと心配。
だって、これ、ファンじゃない人にも見て欲しいのに・・・。
なんとかならないものか・・・無理ね。もう先行販売終わってるものねえ。
うーん。オススメしたい!けどできない。あああああ。


次は28日。東京公演千秋楽に行きます。
席は今回よりちょっと前だけど、ほとんどいっしょ(^^;)
どこがどう進化してるのか、楽しみにして行きます。

そのあとは・・・チケット取れたら仙台公演行きます(交通費考えるとあとは仙台しか・・・(^^;))
いやはや。金のかかる男に惚れ込んだもんだわ。キツいわ〜(^^;)
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
| よしだあきら | 15:00 | comments(9)| pookmark |

Comment
こんにちは、lishです♪
よっしーさん、あたくしの前日だったのですねぇ

厳しいご意見もあってイイと思いますよぉ
だってこっちも気愛もって観ているんですからぁ( ´艸`)

どの役者さんも役にハマっていて良かったですよね♪
だからこそ、GACKTさまが狂四郎に集中出来るのだと思うしo(^-^)o
あたくしは狂四郎の刀の鞘が綺麗なのが、とっても気になりました
美しい男は、持つ物も美しいんだなぁ〜(〃∇〃)
Posted by: lish |at: 2010/05/22 4:22 PM
わーい、lishさん、いらっしゃいまし〜(^^)
そうそう。キャスティング、良いですよね〜。

なんかこう、立ち位置が変な感じになってきました。
ファンとして単純に楽しむと言うより、ファンじゃない人にも見てもらって、認めてもらいたいというか。
そんなこんなでつい、見方が厳しく・・・や、好きなんだけど(笑)

3Dうんたらは、ちょっと職業病かも。普通のお客さんは気にしないかも。

それにしても鞘ですか?
鞘、見えたんですか?もしやP席!?
私は鞘まではよく見られませんでした。
千秋楽はオペラグラス借りて見ます!
Posted by: よしだあきら |at: 2010/05/22 6:53 PM
ちょっと先回り的なコメントしちゃったけど、ご本人から丁寧なお返事が。
ファンになってまうやろー(笑)

http://9saku.blog102.fc2.com/blog-entry-338.html

いやもう、28日楽しみ過ぎる。
Posted by: よしだあきら |at: 2010/05/24 9:06 PM
またまたお邪魔します♪
今度は何だろうと思い、見てきましたよぉ〜
コメ返してくださるなんて、久作さんイイ人ですぅ(ノД`)
ホント、ファンになってしまいますよねぇ( ´艸`)

28日の観劇、感想お待ちしておりますぅ〜♪
Posted by: lish |at: 2010/05/25 11:15 PM
いやもう、ちょっと感動でございます。

今度はオペラグラス借りてお顔の表情もじっくり!(^^)
Posted by: よしだあきら |at: 2010/05/26 12:06 AM
はじめまして。私は、今日の東京千秋楽公演が、初観劇でした。
チケット代のこともあって、東京公演は最終日にしぼりました…。
舞台には満足なんですが、回想シーンの映像時にGACKTが、ふざけた???をやめろ的なニュアンスの台詞を言ってたと思うんですが、わかりますか?
儀式のシーンなんですが、GACKTが何と言っていたか気になっているので、もし覚えていたら教えてください!
一緒に観た友達は、GACKTに夢中でわからないようです…。
Posted by: ロック |at: 2010/05/28 8:35 PM
はじめまして。
チケット代出せるMaxで2公演申し込んだら2公演当たったので入金しました(ペナルティがあるという話なので。次、取れにくくなるとか)

「ふざけた儀式をやめろ」でしたっけ?
え〜っと・・・意味はそんなだったと思います(^^;)
Posted by: よしだあきら |at: 2010/05/28 9:09 PM
ありがとうございます!
おかげでスッキリしました。
本当は仙台が一番近いんですが、東京公演のチケットを申し込んだのが仙台公演の発表前だったんです…。
それで、思いきって東京公演千秋楽のプレミアム席を申し込んだら、最前列でした。
席に関係なく舞台内容に大満足なので、来年だし仙台公演も行こうか相談中です。
さすがに、プレミアム席は厳しいですけど…。
本当にありがとうございました!
Posted by: ロック |at: 2010/05/28 10:20 PM
私も仙台公演行くつもりです。
チケットが取れれば。
プレミアム席は厳しいですけど(^^;)
Posted by: よしだあきら |at: 2010/05/29 12:02 AM








HOME





Category

Twitter Updates

Entry

Comment

Profile

Search

お気に入りリンク

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

Archives

Feed

Mobile

qrcode

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM