Entry: main  << >>
東北関東大震災(東日本大震災)
3月11日午後。人生で経験したことのない長くて強い揺れに遭いました。
私の住んでいる那須塩原市では震度6弱。

最初は「またか〜」くらいに、一応ホットカーペットを切り、
「長い。でかいか?」で、鍵とケータイをエプロンのぽっけにつっこんで掃き出し窓を開け避難路確保。
「おおお!?かなりでかい?」で買って1年半の液晶テレビを押さえ、
最期は自分でもはじめて聞くような悲鳴に自分でびっくりしながら庭に飛び出しました。
居間からはウッドデッキがあって、楽に芝生に飛び降りられるので逃げやすい(ウッドデッキあって良かった)
たまたま休みで家にいただんな君は、自分の部屋で本棚をずーっと押さえていて、揺れがおさまってから外に出てきました(^^;)

そしてすぐに停電。停電すると何が起こってるのかTVが見られないので不安。
車のラジオとTwitterで情報収集と自分の安否情報を発信しました。
メールは受信はできたけど、なんだか送れず。ネットの交信はTwitterが中心になりました。
Twitterやってて良かった!
ケータイ電話は通じず、やっと通話ができたのは翌朝でした。
大きな余震の合間をぬってMacBook Proと貴重品と上着を持ち出し車へ。

近所のおかーさんが学校に様子を見に行ってくれて、お迎えが来た子から帰宅させてるというのでお迎えに。
車は混んでるかなと思って自転車で行ったら「寒いのに!」と娘に怒られた。
いや〜だって駐車場全学年分無いし・・・。
子供達は着の身着のまま校庭に避難したので、靴も履き替えられず上履きのまま。
上着ももちろん持ち出してる場合じゃないので寒くて押しくらまんじゅうやっていました。
娘は先に自転車で帰して、私は早足で帰宅(徒歩10分くらいなので)

1時間半くらいして少し余震が落ち着いてきたので、玄関と掃き出し窓を全開にしたまま家に入ってみました。

カウンターにおいておいたものはほとんど落下。
額絵の額縁がばらけて、ガラスも割れ、
電話の子機が見当たらなくて探し回ったら、近くのゴミ箱にジャストミートしておりました。
ショック・・・と言いつつ、写真は撮っている私。


転倒防止の紐をつけてあった液晶テレビは倒れず、他の家具も転倒はしていませんでした。
でも、つっぱり棒がふんばった痕跡は天井についていました。
突っ張り棒つけておいて良かった!


東北関東大震災



つっぱり棒が使えない(微妙に低くて)本棚には、下に転倒防止用のものを(名前わからない)はさんでおいたので倒れませんでしたが、横には揺れたらしく、壁紙が10センチくらい削れていました。


東北関東大震災



台所は食器が散乱。
炊飯器が落下しましたが無事でした。
ポットは落ちなかったんだなあ。

でもこうして時間経って写真を見てみるとたいしたこと無かったんだなあと。
当日はかなりショックでしたけど。

食器棚は扉の蝶番がちょっと緩んでいたのがまずかったみたいです。
みたら扉を止める磁石の部分の合わせがずれてた。
だんなに直してもらって、後日赤ちゃん用の扉開け防止器具つけて
食器の滑り止めシートをしきました。
今度は飛び出さないはず。

いや、もう、来なくていいけどね!


東北関東大震災



モニターやiMacが無事だったのは本当に助かりました。
後ろの方にころんでいたので、壁にもたれる形ではまっていました。
前に倒れなくて良かった!

片付かないのが本棚からこぼれ落ちた本。
棚の上やスキャナーの上に置いておいた本はほとんど落ちました。
本棚の上とか、本の上に横にして積んでたのとか、本の前に並べてた本も落ちたけど、戻せない。
戻したらまた落ちる。
減らせばいいんだけどこれがなかなか。
もう、年末年始にさんざん処分してるから、この上減らすのは難しい。
未読のもいっぱいあるし。本棚足すか、収納袋を買ってなんとかするしかなさそうです。
でも、ホームセンターに行ったら在庫切れになっていたので、しばらくははじっこに積んでおくしかなさそうです。


幸いなことに、水道が止まらなかったのでトイレには困りませんでした。
とりあえず危ない割れ物を陽のある内に大急ぎで片付けました。

ガスもプロパンで無事に使えたので、当日の夜は窓を全開にしてお湯を沸かし、
レトルトのご飯とカレーを温めて食べました(一応、と、買っておいたものがいろいろ役に立ちました)


東北関東大震災



地震発生後14時間停電しましたが、その時役に立ったのはアウトドア用ランタン、懐中電灯(置いて回りを照らせるタイプ)、手回しラジオ(特に地元のチャンネル)。
不安な中、真っ暗にならずに済んだのは気持ち的に本当に大きかったです。
手回しラジオを買ったのは、もういつか思い出せないくらい何年も前で、安くもないので結構買うのに悩みましたが、これも買っておいて良かった。
電池を気にせず、きちんと聞けました。

大変な日でしたが、何より家族が揃っていたのも幸いでした。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
| よしだあきら | 17:04 | comments(0)| pookmark |

Comment








HOME





Category

Twitter Updates

Entry

Comment

Profile

Search

お気に入りリンク

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

Archives

Feed

Mobile

qrcode

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM