Entry: main  << >>
空間線量が1μSv/hに下がるまでの年数
空間線量が1μSv/hに下がるまでの年数

こちらも自分用メモ。Twitterでめぼしい情報にお気に入りマークをつけたり、ブラウザでお気に入りに入れたりしても、もう情報がいっぱいなのでblogにメモしていきます。
(画像はクリックすると拡大して見られます)


福島土壌調査

大阪大学とJAEAが中心となり、文科省の一事業として行われた福島第一原子力発電所周辺の「放射線量等分布マップ作成」プロジェクトにおいて採集されたデータの一部を表示したものです。

国はこのデータわかってるハズなのですが、どうして放射線管理区域を設定しないのか。
どうして除染が有効な地域と不可能な地域をさっさと分けないのか。
除染の限界は既に報告されているハズなのに、除染に無駄な夢を抱かせようとしているのが不思議でなりません。
ある一定のところまで下がると、もうそれ以上は下がらない、
下げたところがしばらくするとまた周辺の土壌や雨の流れでまた上がってしまう。
そういう報告は既に報道もされているのに、です。


空間線量が1μSv/hに下がるまでの年数

空間線量が1μSv/hに下がるまでの年数

上三つの画像は回復必要年数(空間線量が1μSv/hに下がるまでの年数)です。

大熊町の一部で126年
浪江町の一部で122年
富岡町の一部で82年
飯舘村の一部で79年


年間被ばく線量

こちらは年間被ばく線量(2011/3/16〜2012/3/15)。
(解説を必ず読んでください)


5年後の予測線量

こちらは5年後の予測線量


除染は高線量の地域はほとんど不可能。
このまま「除染除染」とやっていても無用な被ばく者(除染作業は被ばくするんです)を増やすだけ。
そんなに遠くない将来に行き詰まるだけ。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
| よしだあきら | 17:34 | comments(0)| pookmark |

Comment








HOME





Category

Twitter Updates

Entry

Comment

Profile

Search

お気に入りリンク

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

Archives

Feed

Mobile

qrcode

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM